So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月16日| 2017年07月17日 |- ブログトップ

S2-103 9日目:墓地を抜けて神殿へ [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

来た道を引き返し、墓場の向かい側を目指す。
門のそばに今は使われていない井戸があった。おそらく、かつては埋葬前にここで遺体を清めるのに使われたのだろう。
井戸小屋に近づいて中を覗き込む。もちろん中は真っ暗だ。永遠に下へ続くかのようだ。
その時、井戸の中に何かが見えたような気がした。だが、それはすぐに見えなくなった。月の光の錯覚だろうか?
巻き上げ機を回してつるべを引き上げる。桶には澄んだ水がなみなみと入っている。今まで試してきた泉の水と同様に新鮮なのだろうか?
手で水をすくって味わってみる。こんな立地にもかかわらず、水は澄んで爽やかだ!おかげで気分が随分良くなった。
墓地の裏門がちょうつがいからぶら下がっている。年月のせいではない。たぶん、何かを通すために広げようとして解体されたのだろう。
門の向こうは深い森だ。

うっそうとした森の中で狭まっていく道を30分ほど歩くと、分岐点に出た。
左はまだまだ道が細くなっていく。遠くの方に、松明の明かりが樹間にちらちらと見える。北門だろうか?
右はギザギザした濃い影の中だ。まるで城塞の上に巨像が座って沈思黙考しているかのようだ。だがそれは、百段はありそうな段差から成る神殿のものだった。
幽霊がこの道を行ったり来たりしているかのように、冷たい風が君に吹き付ける。木々がざわざわと揺れる。
夜が深まってきた。行動しなければならない。

そびえ立つ神殿の基部に立つ。彫刻が施された石のブロックを積み上げたこの建物は、街の壁よりも高く、夕方の一番星を塔の最上部で最初に見られる場所に位置している。
首を傾げて、開口部を探す。ようやく見つかった。上から3分の1ほどの高さにあるが、そこまではかなり登らなければならない。
あまり熱心ではない礼拝者のためか、小さなガーゴイルが階段のそばに置かれ、寄付を受け取ろうと口を開けている。
ガーゴイル像は小さいものの猛犬のような姿をしている。長い爪、鋭い角、尖った髭、大きく開いた口、飛び出た舌。喉の奥には硬貨の形をした隙間がある。

身体を引っ張り上げながら最初の段をよじ登る。この神殿は巨人のために建てられたか、登るという行為が信仰の形とみなされたかのどちらかだろう。
次の数段も同じように疲れるものだった。最初に荷物を放り上げ、それに自分が続く。
「fAL!」
呪文を唱え、体重を羽根の重さほどまで減らす。ようやく登攀が苦にならなくなった!

自分の呪文に感謝しながら、君は根気強く登り続けた。
登れば登るほど登攀は楽になり、ほどなくして段は腰の高さまで低くなった。神殿の設計者は、ピラミッドの斜面に視覚的な錯覚を取り入れていたのだ。

半分くらいまで来た。街の壁の高さと同じくらいだ。ここで一休みしよう。
磨かれた金属でできたガーゴイルの装飾が、ピラミッドのこの段の壁を取り巻いている。
ここからは城壁の天辺しか見えない。その向こうには、バクランドの沼地の暗闇があるばかりだ。
ピラミッドの側面を回り込んで北側へ移動する。野放図に生い茂った林の間に真っすぐ続く道が目に入る。もうほとんど使われていないのだろう。その先の北門も見えるが、荒れ果てているように見える。
その時、林の間に先ほども見かけた松明の明かりが1つ灯っていることに気づく。


【変化点】
・現在/最大体力:17/19→19/19(井戸水)→18/19(魔法)

【感想】
ガーゴイルに金貨を1枚寄付をすると、体力を少し回復できます。
final_bstSnapshot_363071a.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム
2017年07月16日| 2017年07月17日 |- ブログトップ