So-net無料ブログ作成
検索選択

S2-88 9日目:シンヴァ卿の邸宅に立ち寄る [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

注意を先ほどの邸宅へと戻す。その扉は重い南京錠の鎖で閉じられている。剣先でこじ開けようとするものの上手くいかない。
「DOP!」
君が呪文を唱えると、鎖は地面に落ちた。
扉を広々と押し開け、暗い屋敷の中へ滑り込む。

そこは壮麗な規模の建物だった。君が下カーレで探索した無人の屋敷よりも大きい。ここは少なくとも3階建てで、玄関の大広間には両翼へと続く扉がある。
館の奥から声がした。「ご主人様は不在です。」
「誰のことだ?」
人影が不格好に進み出る。暗闇から姿を現したのは、従僕の制服を身に着けたオーガだった。そいつの目は固く閉じられている。
「シンヴァ様はおられません。」単調に繰り返す。「どうぞ、お引き取りを。」
「シンヴァ卿は死んだ。そうじゃないのか?」
「確かに、」そいつが答える。「ご主人様は当分の間戻りませぬ。」
「戻る?」君が尋ねる。「彼は死んでいないのか?」
「生き返るほどには、まだ十分死んでおりませぬ。」そいつが答える。「ですが、私は微かな希望を抱いております。もちろん、私の奉公はそんなこととは無関係ですが。」
奴がしゃべる時、君はその首に金属のきらめきを見た。鈍色の奇妙な金属でできた襟の類のようだ。それから襟はシャツに隠れて見えなくなった。
「館から出てお行きなさい。」彼が扉を指し示す。
君は館を探索しようと、その生き物を肘で押しのけた。
すると、そいつが目をかっと開いた。焼け付く熱線がほとばしり、君は腕にやけどを負う。
「お客人。誠に遺憾ながら、」そいつが告げる。「私の一部はレッドアイなのです。」
それから奴は君の傷ついた腕を掴むと、家の外の通りへと引っ立てていった。

放り出された君が今いる場所からは、元の大通り以外にも、左手に狭い横道が建物の間をぬって伸びている。
建物の間に入り込むと、ぬかるんだ道に出た。道は両側にあるがれきの山をぬって続いている。まるで、巨大な岩が通り道のあらゆる物を踏み潰していったかのようだ。足元の玉石ですら細かい塵と化している。
道のそばに、青い実を実らせた木が数本植わっている。
その小さな木のそばにひざまずいて、青い実をもっと近くで見てみる。それは十分に熟して汁気たっぷりで、つやつや輝いている。だが、見たことのない植物だ。
近寄ってくんくんと臭いを嗅ぐ。甘くかぐわしい、とても魅惑的な香りがする。
実をもいで集める。収穫の際に2,3個が潰れ、君の手のひらを暗青色の果汁で染めた。
一握り分の実を口に詰め込む。味は甘く、息が詰まりそうなほどだ。
次の瞬間、その感覚が本物だと悟る。見下ろした手のひらが青く変色していく。息が浅くなってきた。身体の内側から窒息しかかっているのだ!
震える指で、必死になってブリムベリーの搾り汁の入った瓶を引っ張り出す。そして、その効果が毒の果実に対抗できるよう祈りながら中身をあおる。

緊張の数瞬が過ぎ、気分が良くなってきた。
息をしようと喘ぎながらも、再び立ち上がれるまでに回復する。
手のひらの致死的な汁をぬぐってから、危険な果樹を後にして道を進む。


【変化点】
・現在/最大体力:15/20→14/20(魔法)→11/20(火傷)
・‐ブリムベリーの搾り汁(1本)

【感想】
シンヴァ卿の館を発見するも、大した収穫はなく、あっさりとつまみ出される主人公。
そしてこの毒のある果実、見た目と毒性はベラドンナに似てるような。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

S2-87 9日目:疫病の女性を助ける [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

その時、通りの先から音が聞こえてきた。首の回りに鈴をつけフードを被った人影が、足を引きずりながら近づいてくる。
長く黒いローブがその生き物の正体を包み隠している。凄まじい痛みが走るためなのか、そいつの足取りはノロノロと重い。一歩ごとに首の周りの鈴が音を立てている。
「やあ、こんにちは。」君が声を掛ける。だが、その人物は君の方を見ようともせず、なおも歩き続ける。
そいつが近くまで来た時、その苦しそうな息遣いが聞こえてきた。
「dOC!」
君は呪文を唱えると、強い治癒薬を創り出した。魔法が続く限り、その効果は続く。だが魔法が消える前に使ってしまわねば、薬は蒸発してしまう。
フードの人物が通り過ぎる。その時君は、これと同じ死臭を丘陵地帯のウルスタンティの村で嗅いだことを思い出した。そいつと服が触れないように後ずさる。
そいつを待ち受けた君は、フードの下目がけて薬をぶちまけた。恐慌に陥ったそいつが、爪の伸びた手で顔を覆い、甲高い悲鳴を上げる。
しばらくして、声が途切れ静かになった。手が顔をまさぐっている。
やがて手が降ろされると、そこには若い女性の顔があった。君はまさに、漆黒の腫れ物が彼女の肌から融け落ちるのを目にしたのだ。
「親切な旅の方、」彼女がささやく。「あなたは何をしたの?」
「君の病気を治したのさ。でも、あれは何だったんだ?」
驚きで女性が笑う。「私は酷く苦しんでたの。もうこの先長くないと思ってた。でも今は以前と同じように元気になったわ。それがどんなに良い気持ちか、ほとんど忘れかけてたくらい。」
「それは良かった。」
彼女がうなずく。「嬉しいを通り越して、」彼女が答える。「心が張り裂けそうなくらいよ。」にっこりと彼女が微笑む。「私は村に戻るわ。母がきっと喜ぶから。私が病に倒れた時、母は自分を責めたの。本当に奇跡だわ。」
「それはどこの村だい?」もう答えは分かっていると思いながらも君が尋ねる。
「丘陵地にある小さな村よ。」肩をすくめて彼女が答える。「あなたはきっと知らないと思う。」
「ウルスタンティ?」
女性が眉を寄せる。「そんな場所聞いたことないわ。」
「ビリタンティの近くなんだが。」
「そのビリタンティが私の故郷よ!」嬉しそうに彼女が叫ぶ。「あなた知ってるの?」
「君の外見はビリタンティの女性っぽいからね。」
うなずきつつも、彼女が眉をひそめる。「私はそれを誇りにしてるのよ。」
「もう行くわ。」そう言って、彼女は一歩踏み出した。「道のりは長いもの。」
「この街について教えてくれないか。」
「もちろん。」彼女が応じる。「教えてあげられることはあまりないけど。カーレに着いてからそんなに街を見てないもの。私が病気だと分かると、街の人達はこの荒れ果てた場所に私をすぐに放り出したから。」
「ここには何がある?」
「廃墟と失われた希望が。」彼女が答える。「崩れた教会に盲目の男が住んでるわ。私が思うに、あの人はかつての貴人よ。」
彼女は振り向いて、沈んでいく太陽を肩越しに見やった。「もう行かないと。」
衝動的に、彼女は伸び上がって君の頬に素早くキスした。そして最後に振り返って君に告げた。「倒壊地区に行くつもりなら、水車には近づかないで!」


【手掛かり】
・ズィーター卿は廃墟にいる:ズィーター卿は廃墟で見つかるだろう。街の倒壊地区の廃墟で乞食をしている。

【変化点】
・‐ブリムベリーの搾り汁(1本)

【感想】
3度目のキス…!
この場面で主人公が、彼女がビリタンティ風に見えると言ったところ、彼女は「raise an eyebrow」という反応をしています。一時的とはいえ、どうも機嫌を損ねたようです。
当初、このS-87を掲載し忘れていました(5/23修正)。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

S2-86 9日目:痴話喧嘩に出くわす [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

巨像の影を横切ってさらに道を戻り、アーチをくぐって先ほどの広場に入る。
記念碑の辺りからどよめきが聞こえてくる。何かあったのだろうか?
記念碑と群衆に再び目をやる。だが何かが変わった様子はない。連中は相変わらず何かを待ち続けている。

今度は広場の右手寄りの道から出る。道は背の高い建物の間にできた影の中を続いていく。
両側の住宅は質の良い造りで、手入れも行き届いている。窓には鉄の手すりがあり、矢狭間や落とし格子を備えたものまである。ある家などは、正面玄関を横切るように堀を設けている。

とある家の外に、鉤付きロープを手に背の高い男が立っている。
足を止めて見ていると、男は鉤を2回振り回し、階上の窓の一つに狙いを定めて投げつけた。だが鉤は逸れ、下の通りにガランと音を立てて落ちた。
男は毒づくと、もう一度試みようとロープを手繰り寄せた。
再び鉤を投げた男に近づいて尋ねる。「あんたは泥棒なのか?」
男は驚いて飛び上がると、君の方を振り向いた。「あんたこそ衛兵かい?」
「いいや。」正直に君が答える。「ただの通りすがりだ。」
「なら、俺に構うな。」男が答える。彼は明らかに何かイライラすることがあるようだ。
男がまたロープをかき集めている。明らかに疲れている様子だ。
「それなら、あんたは何をしているんだ?」なおも君が尋ねる。
「いいか、もし俺が盗っ人なら、」激しく苛立ちながら男が言う。「窓に鉤を引っ掻けるような忌むべき振る舞いを俺がもっと上手くやれると思わないか?」
それを示すように、男は精一杯頑張って鉤を投げたが、やはり狙いは逸れてしまった。それでも男は再び投げ、そして再び失敗した。
「泥棒じゃないというなら、」君が質問を続ける。「あんたは何をしているんだ?」
「家から閉め出されたんだよ。」彼が答える。「ここは俺の家なんだが、鍵を失くしてな。だがあんたが目にしたように、俺は投げるのが下手くそでね、この有様さ。」
「俺にやらせてくれ。」君が名乗り出る。
「恩に着るよ、旅の人。」男は鉤付きロープを君に手渡すと、目当ての窓を指差した。
君が鉤を投げると、それは窓枠に引っ掛かった。
「すごいじゃないか!」男が歓声を上げる。「ありがとう!」彼はロープを2回引っ張ってからよじ登り始めた。
彼は窓敷居で動きを止めると、中の誰かに声を掛けた。「エスメ?エスメ?ナイフを置くんだ。エスメ…。」そう言うと、彼は窓から家の中へ飛び込んだ。
何かが起こるのを期待して、しばらく待つ。
案の定、1分かそこらしてから男が再び姿を現し、窓枠を越えて飛び降りてきた。君が立っているすぐ隣にドスンと着地し、痛そうにうめく。
男は立ち上がると、埃を払った。「エルヴィンなんかと結婚するもんじゃないぜ。」彼が君につぶやく。「目はいいし、容赦がないからな。」
男がフラフラとその場を後にする。そして家の中に住んでいる誰かは、鉤付きロープを引っ張り上げると、窓をピシャリと閉じてしまった。

先に進むと、辺りの様子が荒れてきた。何かが街のこの地域を荒廃させているのだ。
住宅の裏庭の木でさえ、生えているその場で黒く変色している。唯一の緑は石壁を覆う苔だけだ。
足元を走り回るネズミもいない。ただクモだけが屋根に住み着いている。
ひと際大きな邸宅の前に差し掛かる。その扉は重い鉄の鎖で閉ざされている。
破風の下に、金属でできたSの文字がボルト締めされている。おそらく家主の印だろう。それのお陰で壁が通りの上に崩れてこずに済んでいるのだ。


【感想】
多種族が暮らす街ならではのエピソード。主人公の冒険には何ら関わってきませんが、人々の暮らしぶりが垣間見えてリアリティが感じられます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

S2-85 9日目:大奮発して伝説の剣その他を購入 [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

もう一度、巨像の所まで戻る。少し日が傾いてきた。

さらに鍛冶屋まで引き返す。今度はあの伝説の剣を買えるだけの金を持っている。
陽気に笑いながら男が挨拶してくる。「俺の可愛い子ちゃんを連れていきたいのか?値段は同じ、4ずう枚だ。」
「ああ、買おう。」堂々と宣言して、金貨40枚を手渡す。引き換えに、男が剣を寄越す。
輪郭は完璧でバランスは絶妙、今まで目にした中で最高の剣だ。
彼に礼を言って、また広場に向かって戻る。

像のそばを通り過ぎながら、壺の中を覗き込む。金貨20枚近くはありそうだ。
首を傾けて像を見上げる。その堂々とした体躯たるや、君の身長の少なくとも4倍はある。何の神なのかは分からないが、賭博場の近くにあるということは、繁栄の神か、もしくは借金を返さない者を罰する神なのではないだろうか。
こんな大金が野ざらしで置かれたりするだろうか?完全に怪しい状況だ。罠に違いない。

賭博場の脇の道をたどり、市場が開かれている広場に出る。
同じ商品を扱う店が幾つかある。商人達は誰が一番安くて品質がいいか声高に叫んでいる。
魔法の役に立ちそうな物を求めて市場をぶらつく。だが見つかったのは、値付けが高過ぎる宝石商の中でも太陽石に金貨15枚という法外な売値をつけた1軒だけだ。
その商人の太陽石は君のものと同じくらい美しいが、これの方がおそらくもっと研磨されているだろう。
最後に太陽石をちらりと見ると、ため息をついて他の店へと移る。

旅人用の道具を売っている店の辺りをうろつく。役に立ちそうな物が2つ見つかる。
1つは火口箱だ。火が着きやすい物がないと役に立たないだろう。金貨2枚だ。
もう1つは蛇の解毒剤で、金貨3枚となっている。
君は金貨を5枚払って、両方とも購入した。商人に礼を言って、店を後にする。

回れ右をして武具師の店に行く。売り物のほとんどはすでに君が帯びている剣よりも質や威力が劣っている。
だが、ある物が君の目に留まる。質の良い弓と、銀の矢じりの付いた矢だ。
弓を手に取って弦を試してみる。堅くていい手ごたえだ。君は今まで射程距離の長い武器を扱う機会はあまりなかったが、これは十分頑丈だ。
矢も興味深い。10本のセットで、矢じりはどれも鋼ではなく純銀だ。
弓矢を見出した君に、武具師が意味ありげにうなずく。「それが何なのか知ってるか?」
「いいや。」
「亡者に使うんだ。銀だけが亡者の心臓を貫ける。」彼が答える。「金貨6枚だよ。」小声で言い添える。
「もらおう。」武具師に告げる。
彼は弓矢の梱包にバタついていたが、しばらくしてそれを寄越してきた。金を払い、商人に別れを告げる。

店先をぶらついて、まあまあの値段で売られている食品を見つける。一番安い保存食は、1日分が金貨3枚だ。6食分の詰め合わせを金貨15枚で売っている店もある。
君は金貨9枚を支払って3食分を受け取った。
それから市場を離れ、そびえ立つ像とヴラダの賭博場へ向かう道を戻る。踏破すべき場所はまだ多く残っている。


【変化点】
・金貨:125→85(伝説の剣)→80(火口箱&解毒剤)→74(弓と銀の矢)→65(食料)
・食料:6→9
・+伝説の剣(+4)
・+火口箱
・+蛇の解毒剤
・+弓と銀の矢

【感想】
巨像の前の壺には金貨が18枚入っています。ヴラダの賭博場で儲けようにも元手がない人に対する救済措置なのかもしれません。これは神像のようですが、倒しても神罰とかは特にない模様。でも今回は、神との諍いは起こさない主義なのでカレーにスルー。
もっとも、第3・4部でも何かと出費はかさむので、今回くらいのまとまった所持金は欲しいところ。
final_bstSnapshot_156301a.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

S2-84 9日目:小金持ちになる [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

ひもじそうな乞食の少女が入ってきて、賭け金の高いテーブルに着く。
スヴィンの女性が新たなメニューの軽食を運んでくる。君は丘ギツネのもも肉を買って、大急ぎで食べた。
修道士と少女はツキが回ってきたようだ。その他の者はうまくいってないように見える。

<以前会った乞食の少女>
「それじゃあ君は河を渡って来たんだね。2の目が2つ。」君が尋ねる。
「そうよ。」彼女が答える。「橋の上の老いぼれが、今朝は何も寄越せって言わなかったの。で、ここにいるってわけ。4の目が4つ。」
「早々に帰る羽目にならないことを祈るよ。コール。」

「気に障らないといいけど、」少女が告げる。「あたしはあんたをさっさと負かしてやるつもりだから。2の目が2つ。」
「抵抗してみせようじゃないか。2の目が4つ。」
彼女が肩をすくめる。「こっちはここに来るために何週間も節約してきたんだ。今それを台無しにしてたまるもんか。4の目が4つ。」

<レッドアイとの再戦>
「ここの他の連中についてどう思う?3の目が1つ。」
「愚か者ばかりで、筋の良い奴は皆無さ。」奴が答える。「あいつらの魂は頭蓋骨と同じくらい空っぽってこった。2の目が2つ。」
「それなら、誰もあんたには敵わないのか?2の目が3つ。」
奴がうなずく。「あの少女を除けばな。あいつは一番見込みがある。」もう一度うなずく。「驚くほど切り込んできやがる。2の目が4つ。」
「確かめてみるよ。コール。」
2の目は3つだけだ!レッドアイが手の中のサイコロを1つ放り出す。

「ずっと不思議に思ってたんだが。あんた、目は見えるのかい?3の目が1つ。」
「誰が好き好んでこんな汚物まみれの街を見るっていうんだ?2の目が2つ。」レッドアイが答える。
「でも目はあるんだろう?それとも、まぶただけなのか?3の目が2つ。」
「俺様の目玉は燃え盛る火球なんでな、」激しい怒気をはらんで、奴が答える。「まぶたでかろうじて抑え込んでるのさ。3の目が3つ。」
「あんたが俺の手のひらを見通せないなら嬉しいね。コール。」君が答える。
3の目は3つあった!レッドアイが君からサイコロを1つ奪う。


<少女との再戦>
「もしここでひと財産築けたら何をするつもりだい?2の目が2つ。」
物欲しそうな表情を浮かべ、少女がにんまりと笑う。「パランティーヌの丘にある住宅地に、こじゃれた部屋を1つ買うんだ。そして花を植えるの。4の目が2つ。」
「どんな花だい?4の目が3つ。」
「色とりどりの花よ。」目を輝かせながら彼女が答える。「大きな花、いい香りのする花。4の目が4つ。」

「ここに来たいといつも思ってたんだ。」少女が興奮気味に言う。「カーレの腕利きがゲームをしに来るところだからね。4の目が1つ。」
「それなら、君の幸運を祈るよ。4の目が2つ。」
「あたしにはツキなんていらないね。」彼女がうなる。「必要なのは腕前よ。それに、あたしはもうその技を身に着けたんだから。4の目が3つ。」
「本当かい?コール。」
4の目は2つだけだ!少女はため息をつくと、テーブルの上にサイコロを1つ置いた。

さて、もう十分稼いだ。チップを現金に戻すために換金所に行く。
チップは125枚ある。「上手くやったわね!」スヴィンの女性が歓声を上げる。
君は笑顔で応えると、通りに戻った。


【変化点】
・現在/最大体力:13/20→15/20(食事)
・金貨:0→125(換金)
・チップ:129→125(食事)→0(換金)

【感想】
実際、乞食の少女は手ごわい相手でした。それにしても、彼女の望みが実にいじらしい…。
screenshotshare_20160131_132115.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム