So-net無料ブログ作成
検索選択

S2-83 9日目:対戦を続ける [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

<修道士との再戦>
「ごきげんよう、また会ったな。4の目が1つ。」
「まったくだ。」修道士が答える。「私は幸運の女神を日々礼賛するためにここに来ているのだよ。お前さんは?2の目が2つ。」
「俺は運試しするためにここにいるんだ。2の目が3つ。」
「ヴラダは幾多の幸運を生み出してくれる。」彼が答える。「だが同じくらい多く消し去りもするのだ。コール。」
2の目は2つしかなかった!修道士がお辞儀をして君の手からサイコロを1つつまみ取る。「もっと注意を払ねばな。」彼が忠告する。

「できれば、今夜カーレを発ってバクランドへ向かうつもりなんだ。4の目が4つ。」
修道士が面白がってうなずく。「バクランドを旅する者はほとんどおらぬぞ。帰ってきてそこの話をする者はさらに少ない。4の目が5つ。」
「俺は戻る必要はない、ただ横切るだけだ。コール。」

「バクランドからの帰還者について教えてくれないか?4の目が4つ。」
「いいとも。ブラックエルフの3人組だよ。荒れ地に彼らの野営地があるんだ。4の目が5つ。」
「たぶん、旅の途中に遭うことになりそうだな。コール。」
4の目は3つしかない!修道士は毒づいて、テーブルにサイコロを1つ投げつけた。

<宿屋の主人との再々戦>
「あんたは…、」主人が声を落とす。「狼を目にしたかい?3の目が6つ。」
「カーレには狼がいる。」君が答える。「それは確かだ。コール。」
3の目は5つしかない!主人は毒づいて、自分のサイコロを1つテーブルに払い落とした。

「あんた、換金所にいるスヴィンの女を見たかい?1の目が1つ。」主人が尋ねる。
「ああ。1の目が2つ。」君が答える。
「昔の話だが、」彼が言う。「あいつは俺の女房だったんだ。4の目が2つ。」
「あんたが他人に言いふらしてるのを彼女は知ってるのか?4の目が3つ。」君がからかう。
「本当の話だからな。」彼が答える。「でも、スヴィンと結婚する人間をあんたは想像できないだろ。4の目が4つ。」
君は愉快になって笑う。「さては、もう少しで俺のものになりそうなゲームを投げ出させようという魂胆だな。コール。」

<修道士との再々戦>
「遥か昔、バクランドは人口も多かった。カーレが誕生する以前の話だ。2の目が1つ。」
「彼らはこの街に移住したのか?3の目が2つ。」
修道士が首を振る。「この港街ができた時、人々は河をせき止めた。河の水はバクランドにあふれ出し、湿地が生まれた。あふれた水は今も元に戻っていない。2の目が3つ。」
「歩いて横断するのは安全なのか?4の目が3つ。」
「もしお前さんが足を置くべき場所を知ってるならな。」修道士が答える。「だが安全とはいいがたい。2の目が4つ。」
「じゃあ試してみるよ。コール。」
2の目は2つだけだ!修道士が自分の手からサイコロを1つ取り出す。

「バクランドの人々は古代の奇妙な神を崇拝していたという。3の目が2つ。」
「何て神だ?4の目が3つ。」
「神の名はスロフ。神なのか女神なのかは知らぬが。何の神だったのかも分からぬ。3の目が4つ。」

君の勝ちだ。修道士は君の手のひらに10枚のチップを置いた。「あんたは、この街の信心深い者達が惜しみなく寄付してくれた金を巻き上げて満足するような人間なんだろうな。」
彼は立ち上がると、賭け金の低いテーブルへ移っていった。

<レッドアイ>
レッドアイの反対側に腰を下ろす。「心配すんな。」死神そのもののような抑揚のない声で奴が言う。「お前を骨にしちまうつもりはねえよ。」

「革命が企てられてるって聞いたんだがよ。」平然と相手が言う。「まるで、この港街の物事が今までにないくらい良くなるかのようじゃないか。4の目が1つ。」
「じゃあ、あんたは評議会を支持するのか?4の目が2つ。」奴の反応を見たくて尋ねてみる。
「お前はここらで見たことのない顔だな。4の目が3つ。」奴が続ける。
「俺は勝つ、そしてここを去る。コール」君が答える。
4の目は2つだけだ!レッドアイがため息をつき、手の中のサイコロを1つ取り出す。


【感想】
なんと、次の冒険の舞台となるバクランドの情報まで教えてもらえます。
screenshotshare_20151123_122325.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム