So-net無料ブログ作成

S2-102 9日目:過去との対話 [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

シンヴァが君に尋ねる。「だがそれよりも、アナランドが欲しがるようなものがバクランドにあるのか?」
「マンパンと王たちの冠だ。」
シンヴァは驚いたようだ。「冠じゃと?どんな?」
「盗まれたんだ。」
彼の顔は深い苦悩に沈んだ。「ならば、今日は死ぬには良い日取りというもの。お主も知っての通り、王たちの冠はこの世界が誕生したばかりの、今の我々には強大過ぎる力が地上を闊歩していた頃の古代の産物でな。その力が気まぐれで生き物や魂を形作り、大地や海を御心のままに生み出したのじゃ。冠が何を成すのか知っておるか?」
「支配下に置く力を与えるんだ。」
「簡単に言えばそうなるが、それ以上のものじゃ。かつてわしは冠の支配に囚われたことがあった。」彼が身震いする。「あれがレンドルランドからブライスに到着した時、わしは特使として宮廷にいた。冠はそうと悟られることなく、他者の意思を自分の意思で塗り替えることができるのじゃ。お主ならそのパワーが分かるであろう。冠の支配下に置かれた者は決して反感を抱くことはない。自分が隷属していると思ってないのだからな。」
老人の身体が君の眼前でボロボロと崩れていく。
「バクランドについて教えてくれないか?」
「ほとんど知らぬよ。ああ、じゃが幼い頃に聞いた対句を1つ覚えておる。聞きたいかね?」
「頼む。」
「『眠らぬ雄羊(ラム)を眠らせたくば』、『偽者(シャム)と呼ばるる者探せ』。」シンヴァが首を振る。「『眠らぬ雄羊』が何なのか、わしには分からぬ。じゃが、ただの戯言などではあるまい。」
棺の蓋からおびただしい埃が降り注ぐ。
「ではこれにて、ご老公。」
「さらばじゃ、旅人よ。お主の人生と運命が、わしより良きものであらんことを。」自分の墓に戻りながら、彼がささやく。「わしの残りの命をそなたに授けよう。」
君は冷たい力の奔流が血管を駆け巡るのを感じた。
それから周り右をして階上へ向かう。
霊廟の向かいにある扉は開いたままだ。
戸口を抜けて小道へ出る。幽霊と会話した時の悪寒がまだ残っている。
キノコの輪を避けて進む。
夜の帳が下り、悲しげな音を立てる木々の間で有象無象が揺れている。ここにぐずぐず残らない方が良さそうだ。

墓石の間を曲がりながら続く道を行くと、墓地の中でも最も古い場所に出た。ここは城壁に近い角地だ。
ほとんどの墓石は今やただの瓦礫と化している。泥の中には数体の像が倒れており、彫刻の彫られた棺を引き裂いて1本の木が生えている。
すぐに一番古そうな墓を見つけた。それは装飾の刻まれた柱に支えられた低い屋根のある小さな霊廟だった。銘文にはこう書いてある。

 カーレの創立者ロラグ ここに眠る

君はうなじの髪が逆立つのを感じた。これは門で会った幽霊の男の墓なのだ。
墓は簡素な石のキャビネットで、男の姿に似せて彫り込まれている。何世紀にもわたる風雨のため、長い灰色の髭しか判別できない。
銘文の下にはもっと長い銘板があるが、半ば風化して苔に覆われている。
もっと近づいて男の彫刻を眺める。クモの巣や泥を取り払うと、もう少し男の特徴が見えてきた。
ロラグで間違いない。彫像の目が君を見つめ返してくる。
銘文から泥をぬぐっても、文字は判別できそうにない。
銘文をこすって文字を読み取るには炭のようなものが必要だが、あいにくそんな物は持ち合わせていない。君はただ指で輪郭をなぞった。
墓を後にする。何かが君の足元を横切って走り去っていく。


【変化点】
・現在/最大体力:9/19→17/19(シンヴァ卿の祝福)

【手掛かり】
・眠らぬ雄羊…:君はバクランドに関する手掛かりを得た。『眠らぬ雄羊を眠らすため』、『シャムを探し出すがよい』。

【感想】
シンヴァ卿から、北門の呪文だけでなく、王たちの冠やバクランドの話まで聞けました。冠のパワーは確かにえげつないですな。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

伝説の勇者

冠は統率力と判断力を与えると聞いていましたが、洗脳の効果もあったとは。まあ確かに、最も確実に支配する方法といえば洗脳と言わざるを得ませんね。
シャムの情報はここで手に入るんですね。
以前に「燃え跡から炭が手に入る」という話がありましたが、ここで使うものだったんですね。ロラグがZEDを使う前のカーレでは、この墓には創立当時の海賊あたりが眠っていたんでしょうか。
by 伝説の勇者 (2017-07-16 21:45) 

teamtomtom

追加情報。
君はフレイヤーの巻き物を銘文の上に置くと、木製の仮面の燃え残りの炭でこすった。文章がくっきりと浮かび上がる。
『ここに眠るはロラグ
 我らを救うため、煙の中より来たり
 我らの住処を奪う洪水のため、河をせき止めり
 幽霊を倒すため、銀の武器を鍛えり
 骨の門の内に、激しい憤怒を捕らえり
 ロラグ、カーレの魂よ、汝去り給うなかれ

by teamtomtom (2017-08-26 11:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0