So-net無料ブログ作成
検索選択

S2-86 9日目:痴話喧嘩に出くわす [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

巨像の影を横切ってさらに道を戻り、アーチをくぐって先ほどの広場に入る。
記念碑の辺りからどよめきが聞こえてくる。何かあったのだろうか?
記念碑と群衆に再び目をやる。だが何かが変わった様子はない。連中は相変わらず何かを待ち続けている。

今度は広場の右手寄りの道から出る。道は背の高い建物の間にできた影の中を続いていく。
両側の住宅は質の良い造りで、手入れも行き届いている。窓には鉄の手すりがあり、矢狭間や落とし格子を備えたものまである。ある家などは、正面玄関を横切るように堀を設けている。

とある家の外に、鉤付きロープを手に背の高い男が立っている。
足を止めて見ていると、男は鉤を2回振り回し、階上の窓の一つに狙いを定めて投げつけた。だが鉤は逸れ、下の通りにガランと音を立てて落ちた。
男は毒づくと、もう一度試みようとロープを手繰り寄せた。
再び鉤を投げた男に近づいて尋ねる。「あんたは泥棒なのか?」
男は驚いて飛び上がると、君の方を振り向いた。「あんたこそ衛兵かい?」
「いいや。」正直に君が答える。「ただの通りすがりだ。」
「なら、俺に構うな。」男が答える。彼は明らかに何かイライラすることがあるようだ。
男がまたロープをかき集めている。明らかに疲れている様子だ。
「それなら、あんたは何をしているんだ?」なおも君が尋ねる。
「いいか、もし俺が盗っ人なら、」激しく苛立ちながら男が言う。「窓に鉤を引っ掻けるような忌むべき振る舞いを俺がもっと上手くやれると思わないか?」
それを示すように、男は精一杯頑張って鉤を投げたが、やはり狙いは逸れてしまった。それでも男は再び投げ、そして再び失敗した。
「泥棒じゃないというなら、」君が質問を続ける。「あんたは何をしているんだ?」
「家から閉め出されたんだよ。」彼が答える。「ここは俺の家なんだが、鍵を失くしてな。だがあんたが目にしたように、俺は投げるのが下手くそでね、この有様さ。」
「俺にやらせてくれ。」君が名乗り出る。
「恩に着るよ、旅の人。」男は鉤付きロープを君に手渡すと、目当ての窓を指差した。
君が鉤を投げると、それは窓枠に引っ掛かった。
「すごいじゃないか!」男が歓声を上げる。「ありがとう!」彼はロープを2回引っ張ってからよじ登り始めた。
彼は窓敷居で動きを止めると、中の誰かに声を掛けた。「エスメ?エスメ?ナイフを置くんだ。エスメ…。」そう言うと、彼は窓から家の中へ飛び込んだ。
何かが起こるのを期待して、しばらく待つ。
案の定、1分かそこらしてから男が再び姿を現し、窓枠を越えて飛び降りてきた。君が立っているすぐ隣にドスンと着地し、痛そうにうめく。
男は立ち上がると、埃を払った。「エルヴィンなんかと結婚するもんじゃないぜ。」彼が君につぶやく。「目はいいし、容赦がないからな。」
男がフラフラとその場を後にする。そして家の中に住んでいる誰かは、鉤付きロープを引っ張り上げると、窓をピシャリと閉じてしまった。

先に進むと、辺りの様子が荒れてきた。何かが街のこの地域を荒廃させているのだ。
住宅の裏庭の木でさえ、生えているその場で黒く変色している。唯一の緑は石壁を覆う苔だけだ。
足元を走り回るネズミもいない。ただクモだけが屋根に住み着いている。
ひと際大きな邸宅の前に差し掛かる。その扉は重い鉄の鎖で閉ざされている。
破風の下に、金属でできたSの文字がボルト締めされている。おそらく家主の印だろう。それのお陰で壁が通りの上に崩れてこずに済んでいるのだ。


【感想】
多種族が暮らす街ならではのエピソード。主人公の冒険には何ら関わってきませんが、人々の暮らしぶりが垣間見えてリアリティが感じられます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。