So-net無料ブログ作成
検索選択

S2-78 9日目:塀を乗り越えて建物に潜入、そのまま収監 [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

広場では様々な生き物達がひしめき合い、小声で会話している。彼らは広場の周囲に張り巡らされている横道を出たり入ったりしている。
君もそのうちの1つを選んで進む。だが、突き当りまでの中間付近で、先ほど邸宅からあふれ出たスライムイーターの残骸に道が塞がれていた。そこを越える道は見当たらない。
右手の建物の間にある道を進む。高い壁のそばの道を通り抜け、再び広い通りへと出る。
左手には天然の断崖の外縁に沿って建てられた建物が並んでいる。崖の上にはうっそうとした森がある。右手はここに来る時に見かけた塀に囲まれた区画だ。
今、崖に並んだ松林の間で何かが動かなかったか?立ち止まって目を凝らすが、何も見つからない。たぶん、低いところで影が動いたか、揺れる枝越しの日光のせいだろう。
ところで、あの森は野生動物の宝庫に違いないから、ここの住民は動物の被害に悩んでいるはずだ。そうでないなら、住人の方がより危険な存在ということになる。
回れ右をして、壁を見ようと首を伸ばす。高さは君の身長の数倍はある。ここに住んでいる何者かは、カーレの住民を締め出したいと思っているか、もしくは中にいる何かを留めておきたいのだろう。
壁の表面は粗く、年月を経てあばた状になっている。てっぺんで何かが光っている。
「BIG!」
君が呪文を唱えると、首からつま先までの長さが通常の3倍に大きくなった!今や君は壁そのものと同じくらいの身長だ!
壁の天辺の輝きを見下ろす。それは黄色い小さな宝石だった。金ではないので、価値はないかもしれない。
ともかく拾い上げてみて、それが太陽石だと気づく。これはとても幸運な発見だ!太陽石は希少なのでとても価値がある。注意深く荷物に加える。
魔法が切れて、君の身長が元の大きさに戻り、壁が再び君の上にそびえる。
「BIG!」
もう一度呪文を唱えて、再び大きくなる。
壁のてっぺんに手を置いて身体を引き上げる。手のひらの下に金属の突起が当たったが、獣の皮のような君の肌を貫けるほど鋭くはなかった。
壁の最上部に腰を掛けたこの位置からは、庭の向こうがすこぶる良く見える。
壁の向こうの建物には幾つかの階層があり、その窓には鉄格子がはめられている。外側を守衛が巡回しているが、彼らの目は全て閉じられている。
だが、囚人の姿が見当たらない。ここの囚人は幽閉され、運動も許されていないのだろう。
壁の反対側に降りたちょうどその時、呪文の効力が切れた。
今君がいるのは何かの監獄の中庭だ。庭中に守衛がいる。地下へ降りる階段が壁の基部の近くにある。
壁の近くの藪に隠れ、守衛を観察する。奴らはほぼ決まった動きをしている。おそらく、ずっと目を閉じることによる視界の悪さを補うため、巡回を頻繁に行っているのだ。
ほんの少しの隙しかない。ここで待ち続けるのはほとんど死に等しい。
君は階段を下りることにした。

鉄格子のはめられた独房の窓が、囚人達のうめき声やささやきが響くじめじめした暗い地下道に並んでいる。
6番と書かれた独房がちょうど階段を下りたところにあるが、守衛が1人、窓の中をじっと注視している。君にはまだ気づいていない。
窓の中を覗き込もうとしても、守衛が完全に視界を塞いでいる。中に何があるにせよ、全く見ることができない。
「DOP!」
君が呪文を唱えると、扉の掛け金がぴくぴくと動いて扉が開いた。それを見た守衛が魔法の仕業だと気づき、すぐに振り返る。
奴の目が開かれた。火線がほとばしり、君に酷い火傷を負わせる。
そして君がよろめいている間に、奴は君をきつく掴むと、そのまま6番の牢屋の中に放り込んだ。


【変化点】
・現在/最大体力:19/20→16/20(魔法×3)→14/20(火傷)
・+太陽石

【感想】
レッドアイの熱視線を初めて食らいました。アーチチ、アチ!燃えてるんだろうさ。
final_bstSnapshot_271981b.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

伝説の勇者

巨人が牢獄の壁を乗り越えるなんてかなり目立ちそうなものなのに、赤目達は気付かなかったんですね。やっぱり目を閉じてるから?
赤目の熱線って短時間の間に2回食らうと死ぬという設定ですが、熱戦には放射能でも含まれてるんでしょうか。それとも時間制限ありのアナフィラキシーショックのようなものなのか。
by 伝説の勇者 (2017-03-02 21:55) 

teamtomtom

艦砲射撃みたいに、2射目は1射目よりも照準精度が上がって致命傷になりやすいとか…。

by teamtomtom (2017-04-09 12:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0