So-net無料ブログ作成

S2-69 9日目:奴隷商人頭目ヴィックと対面 [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

てっぺんまでたどり着いた君に、ヴィック自らが手を差し伸べて甲板に引き上げてくれた。ほこりを払い、彼に感謝する。
ヴィックが君をしげしげと眺める。「それで、グランドレイガーが俺に送り込んだのがお前ってわけか。ずいぶんとみすぼらしい身なりだな。」豪快に彼が笑う。「さて、あの老いぼれアナグマ野郎がどうしているか聞かせてくれ。来いよ、舵輪のそばで話そうじゃないか。」
有益な情報が得られる話を期待しながら、彼の後に続く。

「それで、」ヴィックが言う。川風が吹き付けて、彼の髪をもみくちゃにしていく。「グランドレイガーの友人に何をしてやればいい?」
「街の貴人達を見つけたいんだ。」
ヴィックが歯を見せて笑う。「遅過ぎたな。貴人どもは一人も残っちゃいないぜ。第1貴人サンサスは全員を殺すか、引退させるか、呪うか、盲目にするかしたからな。奴はひたすら自分のためだけに権力を手に入れたんだ。」
「彼は今どこに?」
「奴はここ2か月間ずっと評議会で会議を開いてるって噂だ。奴が入ったっきり外に出ていないのが目撃されている。」ヴィックが肩をすくめる。「俺はそんなの信じちゃいないがね。まあ、もう間もなく俺達が見つけるさ。」
彼はワインを瓶から直接ぐいぐい飲むと、それを君にも寄越した。ワインは甘く、辛い朝を過ごした君を温めて気分を良くさせてくれた。
君が彼のもてなしを喜んでいるのを見て、ヴィックがほほ笑む。「たわいない話はもう十分だ。」彼が言う。「お前はこの街が目的でここにいるわけじゃない。アナランドはカーレの金貨2枚ぽっちに関心などない、そうだろ?お前の使命は何だ?」
「王たちの冠を探している。」
「王たちの冠か…。」ヴィックが口笛を吹く。「あれがあれば、この辺りの事も俺に都合良く進むだろうな。」
「あんたとは協定を結べそうだ。」
ヴィックが腹の奥底から笑う。「ハ!お前は大した英雄だな!いや、遠慮しとくぜ。支配者が支配を望むなら、単に街を手に入れるんじゃなく、良き夫が妻に求婚するような手順が必要だ。カーレは俺のものになるだろうが、それは俺がこの街にとって最もふさわしいからなんだ。」
「カーレについて教えてくれないか。」
「偉大な街だよ。」彼が言う。「スヴィン、トロール、ノーム、ドワーフが一緒に住む街が他のどこにある?それが生み出す多様な交易を他の場所で見たことがあるか?だが、長年にわたって評議会の馬鹿どもは税金をむしり取り、正直者の商人を誘拐してきた。今やそれは変わろうとしている。」
「あんたは何をするつもりだ?」
「評議会を乗っ取り、街を乗っ取る。」彼が笑みを浮かべる。「簡単な計画さ。グランドレイガーがここにいてこれを聞いたら、きっと満足しただろう。奴はいつだって分かりやすい生き方を好んでいたからな。さあ、話は終わりだ。俺を仕事に集中させてくれ。」
彼が手を振る。君は彼に別れを告げると、下の甲板に戻った。

船の舷側に漕ぎ船を見つける。この船を離れるには最適な方法かもしれない。
君は漕ぎ船にゆっくりした足取りで近づくと、他の男達と一緒に船の中に乗り込んだ。何人かは君にうなずき、他の連中は君を無視している。見慣れない顔だからともめ事を起こすつもりはないようだ。
河に降ろされた漕ぎ船は、対岸に向かってスイスイ進んでいく。
ヴィックはこの地で大いなる作戦を企てているのだ!


【変化点】
・現在/最大体力:11/20→13/20(ワイン)

【感想】
S2-60でジーラが言ったように、ヴィックは評価の難しい人物です。罪のない人達を奴隷にしたりウェアウルフに変えたりしているので、間違いなく極悪人なのですが、私利私欲ではない大志を抱いており、どこか人を惹きつける魅力が感じられます。
ところで、彼の船は奴隷だけでなく、各種物資(食料、薪などの燃料、鉱石など)も運んでいると思います。いくら大きい街とはいえ、全て自給自足で賄うのは無理でしょうから。
final_bstSnapshot_171171a.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

伝説の勇者

凶悪な存在でありながら、ただの私利私欲ではない大志を抱くボスというと、ダイの大冒険の大魔王バーンを連想します。
苦労して出会った割には、大した情報はもらえませんでしたね。貴人が1人も残っていないという事は、ティフィンとザイリンは普通に殺されたんでしょうか。
そういえば、ヴァンゴーン編と奴隷船編でのヴィックイベントは、原作では「主人公がヴィックを呼んでみたら敵が態度を変えて助けてくれた」という流れだったのに対し、アプリではどちらも、原作の赤目編のように「ヴィックの友人を名乗る」という扱いになっているんですね。やっぱり「ピンチになったからって、どこにいるのかも分からないヴィックに助けを求める」という流れに無理があると判断されたんでしょうか。
by 伝説の勇者 (2017-01-07 22:44) 

teamtomtom

ゲーム的にはヴィックに会うメリットは全くなく、むしろ囚われて所持金が半減するため大損といえます。翌朝おとなしく跳ね上げ橋を渡る方が無難でしょう。ですが、風雲急を告げるカーレの中心人物であるヴィックに会うことは、ストーリー上は間違いなく重大イベントです。アナランドのエージェントたる主人公が次期カーレ統治者と会談し、フェンフリー同盟に加わる意思があるのか打診したとも受け取れます。この先カーレがヴィックの下で大発展を遂げたなら、彼とのパイプを持つ主人公はアナランドの外交面において確固たる地位を築くかもしれません。
by teamtomtom (2017-01-28 14:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0