So-net無料ブログ作成
検索選択

S2-68 9日目:トーマスや囚人達を見捨てる [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

「俺を外に出してくれ!」天井窓に向かって君が叫ぶ。「さもないと、俺の怒りを味わうことになるぞ!」
頭が1つ出てきて嘲笑した。「ほう、そうかい?そいつは困るなあ。」
トーマスがあきれて首を振る。「上の奴の言う通りだぞ。」
「俺はヴィックの友人だ!」なおも君が叫ぶ。
頭上でひと騒ぎあってから天井窓が開く。傷のある顔が現れる。ヴィックだろうか?
「お前は何と言ったんだ?」そいつが呼び掛けてくる。
「俺はヴィックの友人だ。」
男が笑って言い返す。「もうじきお前はヴィックの友人以上になるだろうさ。あの方の所有物になるんだからな。」奴が窓を閉めようとする。
「俺がグランドレイガーの友人だと彼に伝えてくれ。」
顔に傷のある男が眉をひそめる。「グランドレイガーなんて聞いたことねえな。まあ、あの方に聞いてみよう。」
だが、囚人の一人が君達の会話を聞いていた。そいつが立ち上がって叫ぶ。「俺を連れて行ってくれ!俺もグランドレイガーを知ってるんだ!」
頭上の男が君達二人を見て顔をしかめる。
「真実を話しているのは俺達の片方だけだ。」君が上の男に伝える。「お前は当てずっぽうで決めることもできるが、もし間違っていたらお前は大きな問題を抱えることになるぞ。だからここにヴィックを連れてきた方が身のためだ。今すぐにな。」
男は目を見開いた。そしてうなずくと走り去っていった。
1分かそこらしてから、天井窓を通して影が差し込んできた。その人物の振る舞いから察するに、彼がヴィックその人だ。
「お前ら2人ともグランドレイガーだか誰だかの名を口にしたそうだな。」ヴィックが物憂げにゆっくりと語り掛ける。「知り合いの名前を軽々しく聞くのは好きじゃねえ。だから、お前らの舌に罰を与えようと思うんだが。」
「俺はグランドレイガーの友人だ。」君が言い返す。
「お前がか?」ヴィックが呼ばわる。「いいところで会ったな。それで、そのグランドレイガーは俺にとってどんな奴なんだ?」
「お前達の古い戦友だ。」君が答える。「ビリタンティで会った時、彼は俺にそう言った。」
君はヴィックの顔つきがたちまち変わったのを見抜いた。彼は君の言葉に衝撃を受けたのだ。「てことは、あの老いぼれアナグマ野郎は生き延びたんだな?あいつはビリタンティに隠居したいといつも言ってやがった。お前も知っての通り、俺達はあいつを置き去りにして死ぬに任せたんだがな。」
彼は護衛に身振りで指示した。「この男を外に出せ。もし他の囚人が一緒に登ってきたら、ロープを切って全員まとめて落としな。」
護衛達が縄梯子を求めて慌ただしく動き回り、ほどなくしてそれが船倉に投げ降ろされてきた。
君はそれを掴んだが、他の囚人達が同じように登るのを防ぐ手立てはもちろんなかった。真っ先に続いているのは君の友人トーマスだ。
「奴らを蹴落とせ!」この状況に対して警告を発しながら、護衛が叫ぶ。「さもねえとロープを切るぞ!」
君は2度も警告される手間を掛けさせなかった。トーマスの顔面にブーツをめり込ませると、びっくり仰天した彼は手を離してしまい転落していった。次に君は剣を引き抜くと、下に続くロープを切り落とした。


【感想】
原作と異なり、アプリ版のヴィックは完璧にヤクザの親分みたいな存在になっています。今回はこの超重要人物となったヴィックとどうしても対面したかったので、トーマスや他の囚人達を見捨てる非情な行動を取らざるを得ませんでした。
今回の第1部でのルートでは、グランドレイガー自身からヴィックの名を聞くことはできませんでしたが、一応本人とは面識があり、その後ヴァンゴーンから彼らの関係を聞いているので、繋ぎ合わせた情報でヴィックと交渉できたというわけです。
このまま船倉に留まると、ウェアウルフの入った檻が下りてきます。その後の展開は選択肢次第ですが、咬まれて主人公もウェアウルフの仲間入り&ゲームオーバーとか、他の囚人ともども脱出→船を乗っ取る→ヴィックの別の船に撃沈される(キャノン砲が登場!)→ジャバジ河に飛び込んで北岸に上陸(食料や巻物を失う)、などがあります。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

伝説の勇者

ついにヴィックが登場しましたか。
原作とは似ても似つかないキャラのようですが、こちらの方が悪党達に恐れられる事に説得力がありますね。
船を乗っ取るルートはちょっと見てみたかったかも。
「恐怖の神殿」でも大砲を装備した船が出てきましたね。タイタン世界作品で大砲が地上で登場する例を見かけないのは、地上で効率的に運搬する技術がまだ発達していないという事でしょうか。タイタン世界製の拳銃や散弾銃が登場する「狼男の雄叫び」や「ストームスレイヤー」は、もっと後の時代のようですし。
by 伝説の勇者 (2017-01-04 23:34) 

teamtomtom

水に入ったら食料や紙製品が全部失われてしまうので、なかなか選択しづらいところです。通常の保存食(パンとチーズ)以外は、リンゴ、肉、魚、などと分けて表記されるのだから、果物だけは無事ってことにして欲しかったです。
ファンタジーの世界とはいえ、文明は少しずつ進歩しているんでしょうね。この後ロラグが語ってくれますが、数千年前にも魔法はすでに存在していたそうです。
by teamtomtom (2017-01-28 13:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0