So-net無料ブログ作成
検索選択

S2-65 8日目:もぬけの殻の会議室 [ソーサリー2:罠の港街カーレ]

ここはカーレの評議会の大会議室だ。広い部屋の天井のドームを支える柱には、怪物、大蛇、拷問道具が彫り込まれている。
中央には玉座のような12の座席が円形に配置され、そのうちの1つは高座になっている。おそらく第1貴人サンサスのものだ。
どれもが空席だ。玉座の輪の中には、チョークで円が描かれている。
フランカーが顔をしかめる。「そんなはずはない。」そう言うと、彼は物思いにふけった。
君が椅子に沿ってゆっくり歩くと、彼も反対側から同じようにした。「ここには誰もいない。」彼が告げる。「秘密の扉も、隠し通路も。」
全ての椅子の背もたれに名前が書かれていることに気づく。第1貴人の玉座には、金色の葉に浮き出し模様でサンサスの名が入っている。他の椅子にはもっと小さい鉄板に名前が書かれている。モウラス、ティフィン、ロラグ、シンヴァ、ザイリン、そしてズィーター。どの椅子も座った形跡が長い間見られない。
第1貴人の椅子に腰を下ろし、足を組んで部屋を眺める。フランカーがチョークの円の専門的な検分から目を上げ、面白そうに君を見やる。
座ったまま、石の床に描かれたチョークの円を観察する。それは思っていた通りのものだ。唯一目を引くのは、それが欠けのない曲線からなる完璧な円であるということだ。
「うまく描かれ過ぎている。」フランカーが君の考えに同調する。「怪しいな。」
ここには他に何もない。「これは時間の無駄だ。」フランカーに伝える。
暗殺者が首を振る。「おそらくな。だが分かったこともある。」彼が床の輪を指差す。「分かるか?あれは入り口の罠だと思う。」
「お前が以前言っていたあれか?」
「覚えていたんだな。」フランカーが答える。「もしあんたが北カーレに赴くなら、知っておかなくてはな。」
「罠はどんな風に見えるんだ?」
「正確な円だ、友よ。それは罠にとても強い力があるからなんだ。罠は全く目に見えない。どこにでも現れるが、ひとたび足を踏み入れてしまえばその者は飛ばされてしまう。」
「どこへ?」興味深そうに円を眺めながら君が尋ねる。
「術者が選んだ場所ならどこへでも。硬い岩の中でも、空高くでも。カーレの昔からの流儀では下水道の中と相場が決まっている。そしてほとんどの者が戻って来れない。」
「それで、貴人達はどこにいるんだ?」空っぽの部屋を見渡しながら君が尋ねる。
フランカーが当惑したように君を見る。「彼らが自分達の罠に落ちたとは信じがたい。彼らは愚か者だが、そこまでではないからな。だが、ここには入り口があり、サンサスが入ったきり出てこないという噂も…。」そこまで言うと、彼は深く考え込んだ。
次に彼は急に扉まで行くと、君の方を振り向いた。「だが、罠について重要なのは、」ほとんど怒っているような様子で彼が言う。「それがもはやカーレの住人の制御下にはないということだ。」
「今は誰が制御しているんだ?」
「あんたの無邪気な言動は面白いと言っていいくらいだな。」彼が答える。「誰だと思う?人々が何かの力を与えられた時、誰がそれを横取りする?もちろん、貴人どもだ。今や何年にもわたって、カーレの全ての罠はサンサス自身によって操られているんだ。」
「サンサスはどこだ?」君が尋ねる。「彼はここにはいない。」
「まったくだ。確かにいないな。」
フランカーが再び背を向ける。「もう十分見た。見たものをよく考えねば。」彼は扉を開けてさっさと行ってしまった。

彼に続いて部屋を後にする。
衛兵が金貨袋を手に君を呼び止めようとする。「この袋なんだが…。」だが君は素早く動いた。君の背後が壁で塞がる。


【感想】
現体制の評議会の全メンバーの名前が判明!でも7人しかいない…。ヴァンゴーンの言ってたことと違うのは何故?
ここで入り口の罠が初登場。踏み込んだら北カーレの下水道にまっしぐら。
final_bstSnapshot_202351a.jpg
今年の更新はこれで終わりです。また来年。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 2

伝説の勇者

あけましておめでとうございます。今年もこのブログを楽しみにしております。
現時点で未登場の第3貴人と第6貴人はティフィンとザイリンって名前なんですね。ヴァンゴーンの言う8人目って、もしかしてヴィック?
貴人は7~人なのに座席が12つあるのは、昔は12人いたという事でしょうか。
by 伝説の勇者 (2017-01-02 23:02) 

teamtomtom

明けましておめでとうございます。残りの分量に対してこのペースだと、全部終わるまでにあと3年はかかりそうです(笑)。逆に言うとあと3年はこれで楽しめるということでもあり、そうこうしているうちにまたinkle社から何かリリースされるかもしれませんし。もっとも、商業的に日本語版は期待できないので、その時はまた英語版でのプレイとなるでしょう。時間がいくらあっても足りぬ…。
それはさておき、次第に評議会の全貌が明らかになってきました。特に、原作では名前だけだったサンサスが、今回はしっかりと(?)暗躍しています。12と言えば、月、星座、時刻などが思い浮かびますが、確かに昔は定員が12人だったのかもしれませんね。
by teamtomtom (2017-01-03 07:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0